Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

那須塩原市の自宅アロマサロン。アロマとクレイできれいと元気を!地球に感謝を忘れずに~

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

Trackback: --   Comment: --   

ごまかし、ニセモノ食品にご注意下さいませ 

こんにちは

コーヒーをブラックで飲めるヒト。
ピアノが弾けるヒト。
絵が描けるヒト。
昔からそんなヒトを大変尊敬しているワタシです。

コーヒーはミルクがないと飲めないのですが、長いこと
“手軽だから。安いから”
と愛用していた
“コーヒーフレッシュ(ポーションタイプ)”が実はミルクではなかったことを数年前に知り
愕然とするとともに、騙されていたワタシ自身が情けなく悲しい気分になりました。
このコーヒーフレッシュというしろものは、原材料を見るとわかりますがミルクは一切入っておりません。

植物性油脂、カゼインNa、加工デンプン、
グリセリン脂肪酸エステル、増粘多糖類
pH調整剤、乳化剤、カラメル色素、香料

以上が原材料です。
ようするに“ミルク風サラダ油”だと思って良いと思います。
ミルクのような風味がするのは、香料の力です。

以前手作り化粧品の、乳化剤を使ったクリームを作っていた時に出来たものは、まさに“コーヒーフレッシュ”に良く似たものだったことを思い出すと・・・複雑な気持ちがしました。

これを“口にしたくない”と感じるか?“気にしない”かは人それぞれです。
どちらが正しいとか間違っているとかはワタシは申しません。
食品なので体に重大な影響があるものでもありませんが、添加物の塊ですので体に多少は悪い商品であることは間違いないとは思います。

そんなことを知ると、素敵なカフェで注文したコーヒーに添えられたミルクが“コーヒーフレッシュ”だと、非常にがっかりします。


それから。
ケーキ作りに良く使用する“生クリーム”ですが、これも要注意です。
スーパーに行くと、さも“生クリーム”のように陳列されているものも実のところ“生クリーム風”商品が多いことに驚きます。

近隣のスーパーをあちこち見てみましたが、“生クリーム”はダイ○ーさんでしか取扱がありませんでした。
その他のところは“生クリーム風”しかありません。
追記 その後駅前のヨー○ベニマルさんでも発見いたしました。
多分、生クリーム風商品は利益率が高く保存性も(生クリームに比べると)良いために、儲けたいお店はコチラを扱うことになってしまうのではないか?とワタシは思ってます。
そういった意味で“生クリーム”を置いてくれる店は“良い商品を消費者に届けたい”というお店だとワタシは勝手に判断して良心的なお店であるという判断基準にしております。

ちなみに生クリームの原材料表示の欄を見ると

種類別: クリーム(乳製品)

となってます。生クリーム風商品は

「乳等を主要原料とする食品」と表示され食品添加物や植物性脂肪などが使用されております。
例えば、生クリーム風は消費期限が長いからとかカロリーを低く抑えたい、脂肪が低い商品をなるべく選びたいとわざわざコチラを選ぶ場合は良いのですが、
“生クリーム”が欲しくて買った商品は実は“生クリーム風商品”だった場合はちょっと騙された感じがしませんか?

正直者がバカを見るという言葉があるように
ちょっと頭が働く人は、なんとかして儲けようと工夫します。
ニセモノやごまかし商品を安く作り、高く売る。おいしい商売です。
安全で質の良いものが欲しい消費者は、こういった商品は避けたいのではないでしょうか?

良い商品を真面目に作り、届けてくれる正直者を選ぶ消費者が増えると良いなぁとワタシは思います。


今日は普段から思うことを書いてみました。
堅苦しくてすみません~~~

チャリティーデー(毎月1・11・21・31日)はトリートメント代金の半額を被災地に寄付します。
スポンサーサイト

カテゴリ: 日々のこと

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cheerfulheart.blog89.fc2.com/tb.php/623-ddc4421f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。